子犬のしつけ&幼稚園

犬を飼い始めて起こる以下のようなお困り事、幼稚園に通う事で改善できます!

  • 散歩が苦手、他人、他犬に吠えまくりで散歩が苦痛に・・
  • 甘噛みがひどい、「ダメ!」と叱ると、余計に興奮して噛んでくる
  • 要求吠えが多い、元気があって欲求不満のようだけど、対処しきれない
  • ケージから出すと、トイレがわからなくなってしまう
  • 遊んであげようとしても、人に集中してくれない、悪戯ばかり夢中でする
  • 部屋に自由にすると走り回って落ち着かない、休む事を知らず、こちらのほうがヘトヘトに
  • 興奮が強く、していいことと駄目なことの区別を教えるのが大変
  • 拾い食いがなおらない
  • ドッグランに行っても、他犬とうまく接する事ができない

幼稚園はドッグランとは根本的に違います


ドッグラン等で会う見知らぬ犬ではなく、幼稚園生として通う決まったメンバーなので、通ううちに「顔見知り」になり、安心して遊べる相手になる。


無秩序に犬を一緒にするのではなく、スタッフが犬同士の相性や体格を考慮して、一緒に過ごすメンバーを采配するため、怪我や事故を最小限にできる。


飼い主が一緒に居ない事で、犬の自主性と問題解決能力を高め、飼い主に対する依存が少なくなる


先に通っている先輩の幼稚園犬が、新しく入った幼稚園生に対して不適切な行動を戒めたり、遊ぶように促したり、下の者に対する教育を行ったりしてくれる


過剰な興奮には教育的に介入しコントロールするため、自制心が養われる


複数頭数で散歩に行き、散歩中には犬同士で遊ばない事や、出あう犬や人に過剰に反応しない事を学ばせる


通園までの流れ

  1. 見学にいらっしゃる日をご予約いただきます
  2. 見学時にお困りごとの具体的な内容など、簡単なカウンセリングをいたします
  3. 週1回コースまたは週2回コースをお選びいただき、通園が始まります

 

幼稚園費用 

  1. 入会金・・・・7,560円
  2. 週2回コース(8回チケット)・・・25,920円
  3. 週1回コース(4回チケット)・・・14,040円

 

幼稚園開催日と時間について

  1. 月曜日、火曜日、木曜日、金曜日
  2. 受け入れ時間8:00~10:00  お帰り15:30~19:00
  3. ゴールデンウィーク、お正月、3連休、祝日などはお休みになります

 

通園にあたっての注意点

  1. チケットには有効期限がございます、期限内にご使用ください
  2. お休みされる場合は、お電話にてご連絡ください
  3. 咳、下痢など、感染症が疑われる症状があるときは、良くなるまでお休みをお願いします。登園して良いかどうかは、獣医師の指示を仰いでください。
  4. 混合ワクチン、狂犬病ワクチンの接種をお願いします
  5. フィラリア駆虫はお腹の虫(犬回虫など)も駆虫しますので、シーズン時には必ず予防をお願いします
  6. ノミ、マダニの駆除も接触するワンちゃん同士の衛生上、定期的に行っていただくことが望ましいです。詳細はかかりつけ獣医師にご相談ください

幼稚園発足と歩み

 当スクールの幼稚園が発足したのは、2013年の冬
 最初は「幼稚園」のシステムは確立しておらず、あまりにも他犬、他人を嫌がり恐れるワンちゃんに対して、「日帰りで預かって慣らしてみようか」的な「お試し」の要素が強いものでした。
 飼い主さんにお願いして、週に2~3回通って頂き、スクールの犬と一緒に過ごさせることで、少しでも改善できれば儲けもの・・・と思っていたら、なんと預託訓練に劣らない改善効果が、どのワンちゃんにも見られたのです。
 幼稚園は預託訓練と違い、日帰りですので預けられるワンちゃんの負担が軽く、飼い主さんの金銭的負担も少なくて済みます。大半の犬は家で退屈に過ごしている為、たとえ少々嫌なことがあっても、可愛がってくれる人(スタッフ)がいて、お散歩したり、お庭で遊んだり、といった「刺激」を求めるものなのかもしれません。

 犬は本来「群れ」で行動する生き物です。幼稚園は集団生活を通じて、愛犬をストレスに強くし、社会の一員として他人や他犬を受け入れることができるようになる、とても有意義な場となっています。今後「犬の社会化」を養う場として、受け入れ場所が増えていく事が望まれますが、群れを管理する能力がスタッフに求められる為、安易に数を増やすのが難しい側面があります。

犬の幼稚園(YouTube動画)