子犬のしつけ&幼稚園

犬の幼稚園の御紹介

犬を飼い始めて起こる以下のようなお困り事、幼稚園に通う事で改善できます!

  • 散歩が苦手、他人、他犬に吠えまくりで散歩が苦痛に・・
  • 甘噛みがひどい、「ダメ!」と叱ると、余計に興奮して噛んでくる
  • 要求吠えが多い、元気があって欲求不満のようだけど、対処しきれない
  • ケージから出すと、トイレがわからなくなってしまう
  • 遊んであげようとしても、人に集中してくれない、悪戯ばかり夢中でする
  • 部屋に自由にすると走り回って落ち着かない、休む事を知らず、こちらのほうがヘトヘトに
  • 興奮が強く、していいことと駄目なことの区別を教えるのが大変
  • 拾い食いがなおらない
  • ドッグランに行っても、他犬とうまく接する事ができない

通園までの流れ

  1. 幼稚園御検討の旨を電話で御連絡頂き、見学日・時刻を決めます。
  2. 通園前の見学を行います(見学時は基本的に犬は連れてきます)。
  3. 幼稚園に通う事に決めた場合、初回登園日等細かな部分を打ち合わせ、通園が始まります。

幼稚園費用 

  1. 入会金・・・・7,560円
  2. 通園費用・・・1回チケット:3,500円
           8回チケット:25,920円

 

通園の期間、お休みについて

  1. 一般的に3ヶ月が通園の目安になります。
    ※三ヵ月以降も通う飼い主様が多いです
  2. 目安はありますが通園/退園を強制することはありません。
  3. 体調が悪いとき、用事等で休みたいとき等は前日迄に御連絡下さい。

 

光熱費について

夏季・冬季それぞれ以下の通り徴収させて頂きます。

  1. 夏季(7~8月)は冷房費800円/月
  2. 冬季(11月~3月)は暖房費1,200円/月

幼稚園はドッグランとは根本的に違います
 
  1. 来ている犬が不特定多数の見知らぬ犬ではなく、幼稚園生として通う決まったメンバーなので、通ううちに「顔見知り」になり、安心して遊べる相手になる。
  2. 無秩序に犬を一緒にするのではなく、安定して過ごせる「秩序」のあるメンバーになるよう、スタッフが采配するため、怪我や事故を最小限にできる。
  3. 飼い主が不在なために犬が飼い主を頼れない事が、犬の自主性と問題解決能力を高める。
  4. 既に長く通っている幼稚園生が、新しく入った幼稚園生に対して不適切な行動を戒めたり、遊ぶよう促したり等の「下の者に対する教育」を行ってくれる。
  5. 遊びや散歩、集団生活全てに於いて「自制心のある行動」を求めるため、興奮し易く無我夢中になる行動が、改善される。
  6. 基本的なお散歩マナーを身に付けられる。


 当スクールの幼稚園が発足してから4年目になりますが、最初はしっかりとした形ではなく、あまりにも他犬、他人を嫌がり恐れるワンちゃんに対して、「日帰りで預かって慣らしてみようか」的な「お試し」の要素が強いものでした。週に2~3回通っていただき、日中預かって「どうなることかやってみた」ら・・・なんと、預託訓練に劣らない改善効果が、どのワンちゃんにも見られるようになったのです。
 預託訓練と違い、日帰りで預かるので、預けられるワンちゃんの負担が軽く、飼い主さんの金銭的負担も少なくて済みます。大半の犬は家で退屈に過ごしている為、たとえ少々嫌なことがあっても、可愛がってくれる人(スタッフ)がいて、お散歩したり、お庭で遊んだり、といった「刺激」を求めるものなのかもしれません。
 犬は本来「群れ」で行動する生き物です、幼稚園は集団生活を通じて、愛犬をストレスに強くし、社会の一員として他人や他犬を受け入れることができるようになる、とても有意義な場となりました。今後「社会化」を養う場として、増えていくことが望まれますが、群れを管理する能力がスタッフに求められる為、安易に数を増やすのが難しい側面があります。

犬の幼稚園(YouTube動画)

登園時刻 8:30から9:30
退園時刻 15:00から17:00
※17:00以降のお預かりもいたします(19:00まで)
開催曜日 月曜、火曜、木曜、金曜
(平成29年7月現在)
休園日 長期連休(GW、盆、SW、正月等)
臨時休業日は月初めの連絡用紙で御伝えします