子犬の販売

問題行動専門の訓練士がこだわりを持って育てた子犬をお届します

  • トイレのしつけ
  • 抱かれたり、触られたりすることに恐怖感や不快感を持たないようにする
  • 簡単なコマンドの習得(オスワリ、マテ、オイデ、ハウス、など)
  • 他犬、他人と接触させ、社会化を養う
  • 自己制御(がまん)することを学ばせる
  • 爪切り、ブラッシング、シャンプーなど、手入れされる事に慣らす
  • 首輪、リードを付けること、お散歩に慣らす

 


 迎えた子犬が、既に上記の事ができていれば、飼い主さんが育児ノイローゼになる心配が減ります。犬は集団で生活させなければならない時期があり、その時期は生後7~10週までととても短い期間です。その時期に学ぶべき事をしっかり身につける事が、飼い易い犬にする第一歩である、と私たちは考えています。

子犬の見学について

 突然の訪問は応じられない事がございます、見学の可否を電話にて御問い合わせ下さい。また、このページ下のメールフォームからも見学の御予約、御問い合わせができます。
【注意】
動物愛護法の改正により、犬猫は対面販売が義務づけられております。購入の際は必ず当方までお越しくださり、売買契約書を交わす必要があります、ご理解とご協力をお願い申しあげます。


販売するまでの、子犬に対しての取り組み

 

 当スクールでは、子犬を育てるにあたって「効率」と「経済性」を 重視していません。
  • ドッグフードは、ドイツ製の原材料に成長ホルモン剤や化学物質を使用していない、高品質のものを与えています(1kg/1,500円前後のもの)。
  •  腸内環境を良くするためのプロバイオテクスを含んだサプリメントや、抗酸化作用があり成長に欠かせない栄養補助をするサプリメントを与えています。
  •  ペットシーツや敷物を小まめに取り替え、ケージや運動場を清潔に保ち、子犬が汚い場所に平気でいる事が無いよう、潔癖性を身につけられるよう努めています
  •  初めてのお散歩は1頭づつ行い、慣れたら集団(2~4頭)での散歩をします。初めて犬を飼う方でもお散歩中に困らないよう、基本的なお散歩マナーを入れてお渡しします。散歩がきちんとできないと、北海道の冬道では飼い主を転ばせてしまう事もあるので、特に大切な事です。

 

子犬の価格について

 上記の事には非常に手間と、時間と、コストが掛かり、それが子犬の価格に反映されますが、他にも犬質(骨格構成、被毛の状態、品性、見た目の良さ)も重要です。
 しつけが入り、気性が良い子犬でも、見た目に明らかな欠点(歯の噛み合わせ、斜視、尾曲がり、毛質やサイズの問題)があると、お安くなる事があります。
 気になる点がありましたら、どんな事でもお気軽にご質問下さい。 

販売中の子犬 平成29年10月10日更新

①豆柴犬
平成29年4月18日生まれ メス


②ミニチュアダックス
平成29年4月27日生まれ、オス


③ミニチュアダックス
平成29年5月2日生まれ、オス


④ミニチュアダックス
平成29年5月18日生まれ 男の子