豆柴:メス 毛色:赤 | 札幌の犬のしつけ・犬の幼稚園HappyDog

Puppy子犬の販売

販売中の子犬PUPPY ON SALE

豆柴:メス 毛色:赤

7/23 販売は終了しました。今まで御閲覧有難う御座いました。

我が家の愛犬でありトレーナー犬のおムチ子(リンク先ページの最下段の犬)の初めての子供です。
生まれた赤毛の女の子2頭のうちの1頭のオーナー様を募集します。

性格は大変活発です。姉妹犬、母犬、同居の成犬、同年代の子犬全てと大変良く遊び回る子です。柴犬にありがちな神経質さが出ないよう、毎日抱いたり、撫でたり、定期的に爪切りをしたり、シャンプーもできるだけ行い、ストレスに強く物事に動じない犬にするべく、手をかけて育てています。基本的なしつけ(トイレ、お座り、マテ、ハウス)を入れ、散歩もできるようにします。体重は現在約4.5kg、体高は約28cmです(5/26現在)。

食餌は母犬が子犬の時から、生食(生肉)と高品質のドッグフードを併用して育て、妊娠期、授乳期にもそれらを与えています。食餌は、何を食べさせて育てるかは、犬の心身の健康に非常に重要なものと当園では考えていますので、離乳期の子犬にも生食を併用した「内臓健康を考えた食餌」を与えています。

見学を希望される方は予約が必要となりますので、電話か問い合わせフォームから連絡して下さい。

当店の販売価格には以下の生体管理費用が含まれます。
・混合ワクチン二回分(完了)
・マイクロチップ代(完了)
・獣医師健康診断一回分(完了)

********** 一言メモ:豆柴認定とは **********
母犬のおムチ子はKCJ(日本社会福祉愛犬協会)から認定された豆柴犬(メス体高32cm以下)、父犬も同様の豆柴認定犬(オス体高34cm以下)です。「豆柴」という名称は、見た目が「小さな柴犬」であれば呼んで良いわけではありません。両親犬、祖父母犬、曾祖父母犬の三代にわたり、全犬が豆柴認定されていれば生まれてきた子犬であれば生まれてきた時点で「豆柴」と呼ぶ事ができます。三代全てが豆柴認定されてない場合、生まれた子犬が一歳になってからKCJの検査員が豆柴として認定する必要があります。今回の子犬は三代に渡り豆柴認定犬なので、現時点で豆柴となります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ここから下は幼犬期の様子↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1/15(販売犬S007のポメラニアンとの様子)

1/15の動画(母親にしつけされている様子)

1/2(離乳食開始後の様子)

12/30(成犬いる場所で二頭でかけっこ)

12/29その3(母親とじゃれる)

12/29その2(かじりおもちゃ)

12/29その1(姉妹でお相撲)

12/26(産箱の中でねむねむごろん)

12/22(お母さんと一緒)

12/17(部屋の中をずりずり探検)

12/10(目が開きました)

12/5(手に乗せてみた)

11/30(産箱の中できーきー)

11/26(生まれた直後)

 

以下、生後間もない頃の画像です。

戻る