従わない犬に腹立ててはダメ?(1) | 札幌の犬のしつけ・幼稚園HappyDog

従わない犬に腹立ててはダメ?(1) | 札幌の犬のしつけ・犬の幼稚園HappyDog

Newsお知らせ&ブログ

従わない犬に腹立ててはダメ?(1)

BLOG

いつも犬の幼稚園ハッピードッグを閲覧、御利用頂き有難う御座います。

代表の米田です。

犬が飼い主に従わない、困った事を繰り返す時に、どう感じますか?

A.ああ、言う事聞いてくれない、困ったわ😥

B.いう事聞かなくてホント腹立つわ!😠

生後半年を過ぎて、赤ちゃんっぽさが無くなり、所謂「悪ガキ」っぽくなってからが勝負になるのですが、飼い主のメンタルがAのままだと、まず間違いなく躾がうまくいきません。

人間の子供に個人差があるように、犬も個体差があるのでAのままでも従順な犬も居ます、勿論。

但しそういう犬は全体で見ると少数です、残念ながら。

何で分かるかって?

Aのままで従順な犬が多数派なら、うちのような犬の幼稚園の経営が成り立たないからです。

成り立っているって事はつまり、Aのメンタルのままでも従順な犬は少数派という事です、単純です。

昭和やそれ以前の時代と違い、今の世の中は何でも「優しさ」が優先されますが、犬自体は昭和と令和で違っている訳ではないので、人間が犬におもねる事を続けていると、犬は人間をすぐに見下します。

言う事を聞かない犬に腹を立てるのは普通だし正常です。

異常じゃありません。

腹がたちそうな瞬間に

「いけない、いけない、ここは我慢しなくちゃ。」

って自分で自主規制してませんか?

犬はその状態をすぐに察知します。

そして犬はそれを「優しさ」ではなく「弱さ」と捉えますよ。

長くなってきたので、また次回。

一覧をみる