犬の幼稚園 | 札幌の犬のしつけ・幼稚園HappyDog

犬の幼稚園 | 札幌の犬のしつけ・犬の幼稚園HappyDog

Kindergarten犬の幼稚園

犬のしつけ・幼稚園についてABOUT

中小型犬の入園募集を再開しました。大型犬は定員一杯の為引き続き募集停止中です。

幼稚園という団体生活の中で社会性を身につけながら、

困っている問題行動の改善や、しつけなどをトレーニングします。

犬の幼稚園ハッピードッグの幼稚園が発足したのは2013年の冬まで遡ります。
問題行動が収まらないワンちゃん、あまりにも他犬・他人を嫌がり恐れるワンちゃんに対して、週2~3回のペースで通って頂き、当スクールの犬と一緒に過ごさせたところ、預託訓練に劣らない改善効果がどのワンちゃんにも見られたことがキッカケです。

犬は本来「群れ」を作って行動する生き物です。
従って、幼稚園という集団生活の場を与えることは、愛犬をストレスに強くし、社会の一員として他人や他犬を受け入れることが出来るようになる、とても有意義なことなのです。

こんなお困り事はありませんか?PERPLEXITY

  • 1とにかく無駄吠えをする
  • 2甘噛みがひどい
  • 3興奮が強く、していいことと悪いことの区別を教えるのが大変
  • 4拾い食いが治らない
  • 5壁、床、ドア等を破壊する

その他、様々なお困り事は、「幼稚園」に通うことで劇的な改善が期待できます。

幼稚園とドッグランとの違い?DIFFERENCE

  • ●ドッグランなどで会う見知らぬ犬ではなく、幼稚園生として通う決まったメンバーなので、通ううちに「顔見知り」となることで安心して遊べる相手になります。
  • ●無秩序に犬を一緒にするのではなく、スタッフが犬同士の相性や体格を考慮して一緒に過ごすメンバーを采配します。
    そのためケガや事故を最小限に抑えることができます。
  • ●飼い主様が一緒に居ないことで、犬の自主性と問題解決能力を高め、飼い主に対する依存が少なくなります。
  • ●先輩の幼稚園犬が、新しく入ってきた幼稚園生に対して不適切な行動を戒めたり、遊ぶように促したり、下の者に対する教育を行なったりしてくれるようになります。
  • ●過剰な興奮に対しては教育的な介入を行なった上でコントロールをするため、自制心が養われます。
  • ●複数頭数で散歩に行くことにより、散歩中には犬同士で遊ばない事や、出会う犬や人に過剰に反応しない事を学ばせます。
  • 預託訓練とは違い、幼稚園は日帰りですので、預けられるワンちゃんの負担が軽く、飼い主様の金銭的負担も少なくて済みます。

通園までの流れFLOW

お問い合わせ

まずはお電話またはお問い合わせフォームより、見学にいらっしゃる日をご予約下さい。

011-838-8329

見学・カウンセリング

見学時に、お困り事の具体的な内容などをヒアリングして、簡単なカウンセリングをさせて頂きます。

通園の開始

週1回コース・週2回コースのいずれかをお選び頂き、通園が始まります。
初日は緊張するワンちゃんも多いため、施設に慣れたり、スタッフに慣れることを優先して行ないます。

幼稚園の概要OVERVIEW

入会可能年齢

一歳未満であること

入会金

¥10,000

年会費

¥5,000

幼稚園・月8回コース

¥30,000

幼稚園・月4回コース

¥16,500

お迎え延長料(30分毎)

¥1,000

開催日

月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜

休園日

日曜・祝祭日・年末年始

登園時間

8:00~10:00 ※送迎サービスは行っておりません。

お帰り時間

16:00~19:00

(表示金額は全て税抜きです。)

通園にあたっての注意点IMPORTANT POINT

  • ●休む場合は、電話にてご連絡下さい。
  • ●咳・下痢など感染症が疑われる症状がある時は、良くなるまでお休みをお願いします。登園して良いかどうかは獣医師の指示を仰いで下さい。
  • ●混合ワクチン・狂犬病ワクチンの接種をお願いします。
  • ●フィラリア駆虫はお腹の虫(犬回虫など)も駆虫しますので、シーズン時には必ず予防をお願いします。
  • ●接触するワンちゃん同士の衛生上、ノミ・マダニの駆除も定期的に行って頂くことが望ましいです。詳細はかかりつけ獣医師にご相談下さい。

通園しているワンちゃんのご紹介INTRODUCTION

  • 名前ハリーくん
  • 犬種アメリカンコッカースパニエル
  • 性別オス
  • 入園時期平成30年3月
  • コメント幼稚園に通い始めたころは、飼い主さんに置いて行かれたと思って、ワンワン吠えて呼んでいたこともありましたが、すぐに慣れていい子で過ごせるようになりました。急なお泊りにも動じず、我が家の豆柴軍団と上手く付き合ってくれるツワモノです。
  • 名前ボビーくん
  • 犬種ゴールデンレトリーバー
  • 性別オス
  • 入園時期平成28年1月
  • コメント幼稚園に通いだした頃は、元気いっぱいすぎて、時に人が振り回されてしまうこともありましたが、今では立派な落ち着きのある成犬になりました。中身も見た目もナイスガイのボビー君です。
  • 名前サモンくん
  • 犬種サモエド
  • 性別オス
  • 入園時期平成29年
  • コメントしつけの面では問題なく、すくすく育った気立ての良いやさしいサモンくん。体が弱いところがあり、成犬になるまで病院通いで飼い主さんが大変でしたが、最近は落ちついて元気に幼稚園を満喫しています。
  • 名前ポビーくん
  • 犬種MIX:ポメラニアン&ビションフリーゼ
  • 性別オス
  • 入園時期平成29年
  • コメントサモエドのサモンの同居犬で、サモンの後から幼稚園に通い出しました。人見知りなところがあり、衝動的に吠えてしまうのを自己制御するのが課題でしたが、今では陽気でどんな犬にも嫌われない、幼稚園のムードメーカーです。
  • 名前ゆめちゃん
  • 犬種サモエド
  • 性別メス
  • 入園時期平成30年3月
  • コメント入園当初は有り余るエネルギーで人にも犬にも向かっていくため、遊び相手を選ぶ子でしたが、今ではすっかりお姉さんになり、活発過ぎる子犬の遊び相手になってくれています。どんな犬にも人にも、超友好的で明るいゆめちゃんです。
  • 名前ハヤトくん
  • 犬種柴犬
  • 性別オス
  • 入園時期平成30年3月
  • コメント子犬の頃からとても落ち着いて、ちゃかちゃかしたところのないハヤトくん。相手が大型犬でも怯みません、お散歩はしつける必要が無いくらい、最初からお利口さんでした。
  • 名前わかばちゃん
  • 犬種バーニーズマウンテンドッグ
  • 性別メス
  • 入園時期平成29年
  • コメント知らない人や物音に神経質になってしまうわかばちゃん、通い始めの頃は小型犬すら怖くて逃げ回っていました。今ではすっかり犬慣れしてリラックスできるようになり、スタッフに甘えて過ごしています。
  • 名前梅吉くん(年上)
  • 犬種柴犬
  • 性別オス
  • 入園時期平成29年
  • コメントやさしく遊び好きの子犬だった梅吉くんも、今はすっかり大人の雰囲気。生後6か月ごろから、首輪の着脱やシャンプーのときに神経質になってしまうことがありましたが、慎重に根気よく接することでお困り事はすべて克服しました。やんちゃな子犬の相手は苦手ですが、まったりのんびりグループで幼稚園を楽しんでいます。
  • 名前ゴン太郎くん
  • 犬種ゴールデンレトリーバー
  • 性別オス
  • 入園時期
  • コメント入園当時はヤンチャな男の子でしたが、今ではすっかりお兄さんになって落ち着いた雰囲気になりました。犬同士の遊びがとても上手で、元気を余してる子犬の遊び相手になってくれます。

幼稚園での様子INSTAGRAM

お問い合わせはこちらから