いろいろダメダメ | 札幌豊平区の犬のしつけ・幼稚園なら犬の幼稚園HappyDog(旧北野ドッグスクール)

Newsお知らせ&ブログ

いろいろダメダメ

BLOG

今日は幼稚園のワンちゃんにお休みが多かったので(人間みたいにインフルエンザが流行ってるわけではない)超久しぶりに、スタッフと2人がかりでメイビスのブラッシング&アンダーコート除去をした
自分の犬にはあまり手をかけていない・・・プロにはよくあることと言われるが、グインもメイビスも、「お手入れされることが超苦手」である、育て方が悪かった以外の何ものでもない。爪切りをすれば、指までもがれた?というくらい「ヒャァアアーーンン!!ギャワワーーン!!」とくる。暴れはしないが、ブラッシングも嫌いなので、隙を見てテーブルから飛び降りようとする。
子犬のころから頻繁に洗ったり、爪を切ったり、ブラッシングをしていれば、こんなに嫌がることはないのである。トリミング嫌いの犬が来れば、お客様には偉そうに言っているのである、酷ければ断ることもあるのである。でも自分の犬だってダメダメじゃん!なのである、反省することしきりである。
そんなわけで、とても人さまにお任せできないシェパード2匹のトリミング、洗うのは1年に1回くらい(もっと少ないかも)、換毛期にブラッシングを数回、というレベルなので、とってもオイリーな触り心地である。アンダーコートを除去した直後は、洗わずともそれだけでサラサラな「感じ」になってくれる・・・というのは、単なる思い込みだろうか?
トイプードルのミシェルは、ついこの間までトイレのしつけができていなかった。トイレで排泄する、ということは分かっているのだが、興奮状態(来客、外出)になると適当なところでオシッコ・・・ウンチ・・・でも、これは慌てて叱っても良くならないので、失敗する前にトイレに誘導したり、ウンチをさせてから室内にフリーにしたり、あやしいときはオムツをつけたりと、対処療法をしていた。
ミシェルの「トイレがあちゃら」な状態はけっこう長く続き、スタッフやお客さんが見ている前で大失敗・・・ということが普通だった。こういうとき、ドッグトレーナーなのにダメダメじゃん・・・と思われてるんだろうな~と思いつつ、「ドッグトレーナーが犬の成長スピードを早められるわけじゃないし~」「今が可愛いからいいじゃ~~ん!」とニヤけている、馬鹿飼い主であった。
ところが、今年になって何がどうなったのか、急にミシェルはトイレの失敗をしなくなった。最初はまぐれだと思っていたが、幼稚園のワンちゃんたちと遊ばせるべく、犬部屋に連れていくと、毎回トイレで排泄するのである。全くだめだったウンチすらも!!トイレが成功することのほうがびっくりなので、「異常事態だ、エマージェンシーだ!」「ミシェちゃんがヤバイ、病気かも!」と、さんざん騒ぎ立てたら、スタッフに「そんな言い方~成功してるんだから喜ばしいことですよね?」とひんしゅくを買ってしまった。
とまあ、プロと言えども、実はいろいろダメダメなのである。

一覧をみる